MacBook Air 2020 M1 液晶ディスプレイ交換[純正部品][公費請求][大学案件]

MacBook Air 2020 M1 液晶ディスプレイ交換[純正部品][公費請求][大学案件]

ご相談内容:画面の左側と下側に線が入っている、大学公費で支払いたい
原因:はさみ込みによる液晶破損
作業内容:純正部品使用による液晶ディスプレイユニット交換


ご覧いただきありがとうございます。
今回は当店の至近にあります大学(北海道大学)の方からの御依頼です。
研究室で使用しているMacBook Airの液晶表示がおかしいので修理して欲しいとお持ち込みされました。
公費で支払いご希望のため正規店ではなく当店にご来店されたようです。
(メーカーだと単独修理は基本即金支払いとなるため個々の修理で持ち込むのが難しいようでした。)
当店は場所柄学校関係者や医療関係者の御依頼も多いので公費支払いももちろん対応しています。

画像の通り、左端と下端部分に線状のノイズが入っています。
液晶を閉じる際に左下部分に物を挟み込んでしまったため割れてしまったようでした。

M1モデルのMacは基本的に新品の純正部品修理が必要です。
当店はApple独立系修理プロバイダ店ですので純正部品と正規ツールを使用して修理を行えます。
過去何件か合った修理同様、今回の修理でも純正部品を使用した修理を行いました。

分解と新しい液晶ディスプレイユニットを取り付けて各種テストや適合作業を行い、問題が無かったのでこれで修理完了となります。

冒頭に記載した通り、当店は公費支払いにも対応可能です。
学校を始め、病院や団体などで既定の書類が必要などの場合は書式等も対応致しますのでご相談ください。


配送、宅配、郵送修理にて送料無料キャンペーン中!
諸事情があってご来店出来ないお客様や、遠方の為持ち込み修理が出来ないお客様は宅配便などを利用して修理品を送って頂くことも可能です。
北海道内だけではなく全国からのご依頼をお待ちしております。
詳しくはこちらをご覧ください。

Tags: , , , ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


3 × five =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください