MacBookPro13インチ Early2015 起動不良及びバッテリー膨張

MacBookPro13インチ Early2015 起動不良及びバッテリー膨張

ご相談内容:MacBookProの電源を入れてもOSが起動しない。
原因:SSD不良によりストレージを認識できていない。
作業内容:SSD交換 内部確認時にバッテリーの膨張が確認出来た為、併せて交換。


ご覧頂き有難うございます。
今回は電源を入れてもOSが起動しなくなってしまったMacBookProの修理と、作業中にバッテリーの膨張が確認出来た為、同時交換作業となりました。

当店へ持ち込み頂いた時点での動作確認では、クエスチョンマークが出てOSが起動しない状況となっておりました。
お客様へ経緯を伺ったところ、使用中に急に電源が落ちてしまい、再起動してもOS復旧メニューになってしまった為、OS復旧を試みたがうまくいかず、現在の状況に至ったとのことでした。

現象の切り分けを行ったところ、内臓のSSDがどうやらMac上で認識していない状況だった為SSDを交換する事となりました。

作業前のMacBookPro内部

SSD交換の為、内部を確認するとバッテリーがかなり膨張していることが分かります。
バッテリー膨張で底板が閉まらなくなることもありますが、こちらのモデルでは特にトラックパッドケーブルがバッテリーの上を通っている為、膨張が悪化するとトラックパッド等にも影響が出てしまいます。
他にもバッテリーの破裂や発熱にもつながりますので、膨張してしまったバッテリーはお早めに交換することをお勧めします。

そういったこともあり、急遽バッテリーも併せて交換することが決まりました。

部品交換後

SSDとバッテリー交換が完了し、内部のクリーニングも併せて実施致します。
新しく取り付けたSSDへOSのインストールを行いステータスを確認致しました。

交換部品の動作は良好なようです。
お客様へはこの状態で返却となりました。

不具合が出てしまった時だけではなく、ご使用の上でストレージ容量を増やしたい等、ご要望があればストレージの交換・増設を致しますので、是非ご相談下さい。


配送、宅配、郵送修理にて送料無料キャンペーン中!
諸事情があってご来店出来ないお客様や、遠方の為持ち込み修理が出来ないお客様は宅配便などを利用して修理品を送って頂くことも可能です。
北海道内だけではなく全国からのご依頼をお待ちしております。
詳しくはこちらをご覧ください。

Tags: , , ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


5 × 5 =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください